札幌市手稲区のカイロプラクティック・慢性でお悩みの症状・産後の骨盤矯正を専門としています。石狩・小樽方面からのアクセスも便利
ホーム

骨盤矯正の特徴

骨盤矯正の目的
 
カイロプラクティックcolors産後の骨盤矯正で期待できること。

 

産後の不安定な骨盤の歪みが改善し、腰痛や恥骨痛などの症状を改善する。産後の特有の尿漏れにも効果が出ています。

 

骨盤底筋や骨盤の開きを改善することでヒップアップや下半身全体のシルエットをスリムにしてきます。

 

骨盤と骨盤周囲の機能が高まることで結果的に代謝が上がり血流の改善、ヒップアップという変化や産前の身体に戻りやすくなります。

 

難しい身体の機能をわかりやすく説明し効果を実感していただきながら施術を受けていただくことを考えています。何かわからない事やご質問がありましたらお気軽にお聞き下さい。

 

 

妊娠から出産までの骨盤

 

 

骨盤にある仙骨と腸骨という骨にはわずかな可能性があります。

 

その動きには恥骨結合と少なくも一方の仙腸関節といわれる関節が同時に関与します。この動きにより骨盤の形状つまり開口部の形や骨盤腔の形状に変化が生じます。

 

日常生活ではこれらの動きはごくわずかなものなんですが、妊娠中は血中のリラキシンと言うホルモンの作用によって軟骨部分の吸収性が増え、出産の際には関節の可動性が増大します。そして恥骨結合では非常にわずかな滑り離解の動きが見られます。

 

産後の骨盤矯正について

 

 

産後硬くなった骨盤の関節や筋肉、靭帯を緩めます。出産後弱くなった筋肉や拘縮している筋肉の活性化、再教育をしていきます。

 

一般的な歯科矯正と骨盤矯正の違いから感じた疑問。

歯科矯正でのワイヤー固定の考え方を骨盤矯正に生かすことでヒップアップ効果や矯正された位置が維持される期間が長期化される。

 

当院の産後の骨盤矯正は産後の骨盤に対するアプローチに特化して構成されていますが、出産経験のない方や産後から数年経過している形であっても効果があります。

 

産後の骨盤矯正は基本的には産後2ヶ月からの開始になります。帝王切開では3ヶ月から可能。

 

理由としては分娩時には骨盤はありえないほどに骨同士が離解させられる事になり、骨盤底筋群も伸張され緩るんだ状態になるか剥離による傷が生じていることがあり、この不安定な時期に腹圧を高めてしまったりすると骨盤底筋群に負担がかかったり痛みが生じる可能性もあるため基本的には2ヶ月後からとしています。

 

しかし、本人がもう骨盤に違和感も痛みも感じていない安定していると言う場合には1ヵ月半後から骨盤矯正を開始することもあります。もちろん施術の前にはカウセリングと検査を行い可能と判断した場合に限ります。

  • 011-694-7778
  • アクセス
  • お問い合わせフォーム
  • キャンペーン
    キャンペーン
  • WEB予約はこちら
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2018年12月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    札幌市 手稲区 中央区 東区 北区 西区 厚別区

    小樽市 石狩市 江別市

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り