札幌市手稲区 慢性症状・産後妊婦ケアでお悩みなら 石狩・小樽方面からのアクセスも便利
ホーム

野球肘・野球肩

野球肩・野球肘

原因と分類

  • 野球肩は上腕骨と肩周辺で起きる炎症反応です。投球ホームによって発症するスポーツ障害です。
  • 野球肘も投球ホームや肘の使い過ぎで起こる、肘の炎症です。正確には「上腕骨内側上課炎」といい、野球の他にはテニスなどでも起こり「テニス肘」と言われることもあります。
  • 原因としては投球動作が主な原因ですが、練習量の増加も一つの原因となる場合があります。

症状・所見

  • 投球動作で肩や肘に痛みがある。
  • 練習中、練習後に肩や肘に痛みが残る。

整形外科での治療

  • 画像診断や問診、触診などで症状などを確認
  • スポーツ障害を得意としている整形外科を受診した方が良いでしょう。
  • 最初の整形で腱板断裂と診断を受けて場合でもセカンドピニオンで断裂ではなく炎症の場合もあるようです。また、逆の場合もある様なので、長引く場合はセカンドピニオンも視野に入れるといいでしょう。
鍼灸治療の目的

鍼灸治療の適応範囲は、画像診断や整形での検査で腱板などには異常が無いが痛みが出る場合です。この判断が難しい所ですが、当院で3回ほど治療をしてみて、全く変化がない場合は整形の受診や、セカンドピニオンをお勧めします。鍼灸治療としては、脊柱の際のコリや足首周り、股関節との関連性を考え治療していきます。

 

 

  • 011-694-7778
  • アクセス
  • お問い合わせフォーム
  • WEB予約はこちら
  • ラインからのご予約

  • スタッフのブログ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2020年6月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    札幌市 手稲区 中央区 東区 北区 西区 厚別区

    小樽市 石狩市 江別市

  • お気に入り