札幌市手稲区 慢性症状・産後妊婦ケアでお悩みなら 石狩・小樽方面からのアクセスも便利
ホーム

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

 

原因と分類

  • 椎間板の老化が原因で椎間板の弾力性が失われ、椎間板に持続的な負荷が掛かると椎間板の線維輪に亀裂が生じ、髄核が後縦靭帯や下肢の神経を圧迫し、炎症を起こし腰痛や下肢痛みが生じます。
  • 男性に多く、20~40代に好発する。第4-5腰椎に発生する確率が高く、その次に第5腰椎-仙骨部に発生する事が多く、ヘルニアの場所により障害される神経根は異なってきます。
  • 線維輪の損傷の原因は、腰部への過度の負荷や家族性の発生例も珍しくはありません。

症状・所見

  • 脊椎症状と下肢の症状がある。
  • 腰痛の他、腰部の不動性、腰の前屈制限や後屈制限。また、痛みを避けるため逃避姿勢などが考えられます。
  • 下肢症状としては坐骨神経痛の様な痛みで、臀部から大腿部-下腿部に放散する痛みがあり、歩行などで増強するのも特徴の一つです。
  • 一般的には10代での若年者では脊柱症状(腰痛)の方が強く、20~40代では下肢症状が強く出る場合が多い。高齢者に場合、安静時は軽く、歩行時などに症状が出てくるため少し休んだら歩けるなどの症状も出てきます。

検査・診断

  • 下肢を伸展した状態で挙上するSLRテストや、大腿神経伸展テスト(FNS)テストなどをしていきます。
  • 整形外科での画像検査としては、レントゲンやMRIなどがあります。

整形外科などでの治療

  • 症状が強い場合は安静にする事により、神経の炎症の緩和を待ちます。絶対に安静という訳ではなく、症状の程度により日常生活の動きをしていきます。
  • 痛みが強い場合では整形では、痛み止めと筋弛緩剤を処方されるケースもあります。薬によりヘルニア自体を治すものではありません。
鍼灸治療の目的

鍼灸をする事により、飛び出てきたヘルニアを元に戻すことは出来ません。

ですが、ヘルニアがある事により動作に支障が出てきます。

 

当院では身体全体を観察し、治療していきます。どの動作の時に痛むのか、または日常のこの時に痛みや違和感を感じるなど詳しく問診をしていきます。

 

腰に痛みがあるからといい腰が原因でない場合もあります。動作を細かく確認し、ツボに鍼をしていきます。

 

鍼の本数も多くて7本ぐらいです。少ない本数で治療していきますので鍼が怖い方でも安心して、治療を受けていただけます。

 

まずは話だけでも聞きたいという方でも大丈夫です。お気軽にご相談ください。

  • 011-694-7778
  • アクセス
  • お問い合わせフォーム
  • WEB予約はこちら
  • ラインからのご予約

  • スタッフのブログ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2020年6月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    札幌市 手稲区 中央区 東区 北区 西区 厚別区

    小樽市 石狩市 江別市

  • お気に入り