札幌市手稲区 慢性症状・産後妊婦ケアのお悩みなら 石狩・小樽方面からのアクセスも便利
ホーム

分離症

分離症

原因と分類

  • 多くは中学生の頃や体が柔らかい頃にスポーツの練習などで捻ったり腰を回旋したり、ジャンプの着地などの衝撃など、繰り返しの衝撃が原因です。
  • 一般の方は5%程に対し、スポーツ選手は30%~40%の方が分離症と診断されています。
  • 分離症が進行していくと、「分離すべり症」に進行していく場合があります。

検査・診断

  • 整形外科での分離症の診断は側面や斜めからのレントゲンで撮影し診断します。

整形外科での治療

  • 分離症があった場合でも、日常生活に支障がないレベルであれば痛み止めや湿布、電気治療器やリハビリで保存治療が一般的だと思います。
  • 日常生活に支障が出るようであれば神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われる場合もある様です。
鍼灸治療の目的

鍼灸をする事により、分離していた所が元に戻るということはありません。

ですが、分離症により動作時に支障が出てきている方が多いです。

 

その動作での痛みに対して、当院では身体全体を観察し、治療していきます。

どの動作の時に痛むのか、または日常のこの時に痛みや違和感を感じるなど詳しく問診をしていきます。

 

腰に痛みがあるからといい腰が原因でない場合もあります。動作を細かく確認し、ツボに鍼をしていきます。鍼の本数も多くて7本ぐらいです。

 

少ない本数で治療していきますので鍼が怖い方でも安心して、治療を受けていただけます。

 

まずは話だけでも聞きたいという方でも大丈夫です。お気軽にご相談ください。

 

  • 011-694-7778
  • アクセス
  • お問い合わせフォーム
  • WEB予約はこちら
  • ラインからのご予約

  • スタッフのブログ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    札幌市 手稲区 中央区 東区 北区 西区 厚別区

    小樽市 石狩市 江別市

  • お気に入り